Docker社を訪問した

Google I/O 2015のためにサンフランシスコを訪れたついでにDocker社に遊びに行った.Docker社はサンフランシスコのダウンタウンを南に下った475 Brannan St.にある(ちなみに275にはGitHub社がある).

迎えてくれたのはNathan.Nathanとは昨年東京で開催されたCommunities meetup Chef, Docker, Openstack, Puppetで出会った.その後もtwitterで絡んでおり今回訪問させてもらうことになった.

まず,近くにカフェ(Blue Bottleで焙煎された豆を使っていた)がありコーヒーを片手に近況などをゆっくり話した.NathanはDocker Machineをメインに担当していて,最近追加した機能や今後の予定などについて語ってくれた.今はv0.3.0に向けてRCを出して絶賛テスト中とのこと.Docker Machineは他社のサービスに依存するのでテストはなかなか大変らしい.

Docker Machineは今後Dockerデーモンの煩雑な設定を楽にする方向に向かうとのこと(詳しくはどこまで言っていいのかわからないので書きません).Docker Machineでデーモン層をDocker Composeでコンテナ層をと担当を分けるてDockerを使った開発・運用を楽にしていく.Dockerを使った開発環境の構築を楽にしたいという思いがめちゃ伝わって良かった.

もともとWebエンジニアでPHPとかを書いてたけどGo言語に興味もって書いててGo言語ならDockerっしょとなりDockerに就職できたという夢のある話も聞いた.Go言語書くぞ!

その後はオフィスの様子を見せてもらった.

オフィスの様子

建物の入り口(他にもいくつかの企業が入っていた)

受付

オフィス

Nathanの(自作)スタンディングデスク

キッチン

非公式キャラクター(クジラは飼えない)

任天堂との繋がり

コンテナ

まとめ

Nathanは今年のYAPC::2015で発表する予定になっているので絶対聞きに行きましょう!(“Docker For Polyglots : Where We’ve Come From, and Where We Can Go”).日本でDockerのエンジニアの話を聞けるのはめちゃめちゃ貴重だと思います.

Thanks, Nathan :)