Dockerコンテナ間のlink,database.ymlの書き方

DockerはLinksというコンテナ同士の連携を簡単に行う仕組みをもつ. これは,DB用のコンテナとアプリケーション用のコンテナの連携を行いたいときなどに有用になる.

例えば,1337ポートがEXPOSEされたcontainer1という名前のコンテナとの連携を行いたいとする. このとき以下のように,-link 連携したいコンテナ名:エイリアス名で新しいコンテナを起動すると, そのコンテナ内に連携したいコンテナのポート番号やIPをもった環境変数が現れる.

docker run -d -link container1:alias user/sample bash
[email protected]:/# env
ALIAS_PORT_5432_TCP_ADDR=172.17.0.2
ALIAS_PORT=tcp://172.17.0.2:5432
ALIAS_PORT_5432_TCP=tcp://172.17.0.2:5432
ALIAS_PORT_5432_TCP_PORT=5432
...

この環境変数を使えば,コンテナからコンテナへのデータの送信などの連携が可能になる.これがLinksの機能.

PostgresqlコンテナとRailsコンテナの連携

例として,postgresqlコンテナとRailsコンテナを連携させてみる. postgresqlのイメージには,dockerコンテナのホスティングサービスであるOrchardが提供する[orchardup/postgresql]()が使いやすいのでそれを利用する.

まず,postgresqlコンテナをpgという名前で起動する.

$ docker run -d -p 5432:5432 -e POSTGRESQL_USER=docker -e POSTGRESQL_PASS=docker -name pg orchardup/postgresql

Railsからこのコンテナのデータベースにアクセスするには,config/database.ymlを以下のようにしておく.

development:
  adapter: postgresql
  template: template0
  encoding: unicode
  database: my_app_development
  pool: 5
  username: docker
  password: docker
  host: <%= ENV.fetch('DB_PORT_5432_TCP_ADDR') %>
  port: <%= ENV.fetch('DB_PORT_5432_TCP_PORT') %>

あとは,エイリアス名をdbとして,Railsコンテナを起動する.

docker run -i -p 3000:3000 -link pg:db -name web -t tcnksm/rails 'rake db:create && rake db:migrate && rails s'

参考